介護に役立つ情報を知る

要介護1〜5と判定されたら

戻る

【在宅】ケアプランの作成

【在宅】ケアプランの作成のイメージ

ケアマネジャーを決めたら、ケアプランの作成を依頼しよう。

介護サービスを受けるには、居宅介護支援事業者に所属するケアマネジャーに「ケアプラン(介護サービス計画)」を作成してもらう必要があります。

これは、どういうサービスをどの程度利用するかを決めた計画書です。要介護度別に1カ月に利用できるサービスの上限額が決まっているので、ケアマネジャーとよく相談して、親の心身の状態や家族の事情に合ったプランを作りましょう。

なお、サービス事業者は利用者が自由に選ぶことができるので、希望がある場合は遠慮なくケアマネジャーに伝えましょう。

介護サービス利用開始までの流れ

おやろぐ
親ケアでんき