非該当(自立)と判定されたら

【施設入居】入居サービスの選び方

在宅介護が難しくなったら、入居サービスを検討しよう。

心身の状況や家族の事情などから、在宅での介護が困難になった場合は、介護施設への入居サービスを検討することになります。

要介護認定で「非該当(自立)」と判定されても入居できる施設はあるので、地域包括支援センターなどで相談してみることをおすすめします。

入居サービスを選ぶ際のポイント。

大切な親が、これからの人生を送る入居先を選ぶには、大切なチェックポイントがいくつかあります。しっかりと比較検討を行い、親もあなた自身も満足できるものを選びましょう。

入居サービスを選ぶときのポイント

費用はまかなえるか?入居金や毎月の生活費がいくらぐらいかかるのか、それは親の預貯金や年金収入などでまかなえるのか、家族の金銭的援助がいるのかなど、しっかりと資金計画を立て、経済的に無理のない入居サービスを選ぶ。
どこまで介護してくれるのか?介護施設によって「お世話」の内容は実にさまざま。病気になったら、寝たきりになったら、認知症が進んだらなど、「どういう状態のときには、何をしてもらえるのか?」を具体的に確認する。
施設のルールはどうか?入居サービスを利用する場合、何らかの形で共同生活を行うことになるので、その施設に親がなじめるかどうかは重要。1年間、1カ月、1日の予定や施設内でのルールを確認し、親のライフスタイルや生活に合いそうかどうか検討する。
その他のチェックポイント
  • 立地条件(面会に行きやすいか、周辺の利便性など)
  • 経営基盤がしっかりしているか
  • 食事の質(味、栄養バランス、治療食の有無など)
  • 共用スペース、自室の快適さ(広さ、設備など)
  • 介護体制(24時間ケアが受けられるかなど)
  • 医療体制
  • 職員の対応
 

施設を見学するときのポイント。

入居サービスを選ぶ際には、できるだけ現地に足を運んで見学を行いましょう。パンフレットやWebサイトから得られる情報だけではわからないことが多いものです。介護施設を見学する際にも大切なポイントがあるので、以下にまとめておきます。

介護施設を見学するときのポイント

設備だけでなく、雰囲気を確認する。施設の設備やスタッフの言葉だけでなく、スタッフと入居者の関係性や、入居者同士の関係性なども注意深くチェックして、親がそこに溶け込めそうかどうかを自分のなかでシミュレーションする。
見学は誰かと一緒に行く。一人で行くと、案内してくれるスタッフとの応対だけで精一杯になり、肝心なところを見落としがち。家族や友人と一緒に行くと、自分だけでは気づかなかったことを発見してくれることが多い。見学の際は、ちゃんとアポをとってから行くこと。
複数の施設を見学する。いくつかの施設を見学することで、それぞれのサービス内容や雰囲気などを比較検討することができる。また、新設の有料老人ホームなどでまだ完成していない場合は、同系列の施設を見学すると具体的なイメージをつかみやすい。
ある程度絞り込んだ段階で親を連れて行く。体調や病状などにもよるが、入居先をある程度絞り込んだら現地に親を連れて行き、自分が付き添って一緒に見学をする。親の緊張を解き、安心して入居させるのに有効。
契約書・重要事項説明書を受け取る。施設に関心が持てたら、契約書をもらって帰り、じっくりと読み込んで細かな条件などを理解することが大切。
 

【施設入居】入居サービス一覧については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク