非該当(自立)と判定されたら

【在宅】バリアフリー住宅への改修

手すりの取り付けなどで、公的助成を受けられる場合も。

要介護認定で「非該当(自立)」と認定された場合、介護保険による住宅改修費の支給を受けることはできません。

ただ、市町村や都道府県によっては独自の高齢者福祉として手すりなどの設置費用を助成したり、改修費の貸し付けを行うところもあります。あきらめる前に、市町村の高齢福祉課や地域包括支援センターに相談してみましょう。

【在宅】配食サービスの利用については、こちらへ。

関連サイト

  • おやろぐ
  • あなたの会社専用の介護ポータルサイトを構築するサービス『KAIGOW(カイゴウ)』

スポンサーサイト

スポンサードリンク