介護に役立つ情報を知る

非該当(自立)と判定されたら

戻る

【在宅】訪問リハビリテーションの利用

【在宅】訪問リハビリテーションの利用のイメージ

自宅で理学療法・作業療法が受けられる。

退院した直後など、体調面から通院や通所によるリハビリテーションを受けられない場合に助かるのが、理学療法士や作業療法士などが自宅を訪れて機能回復訓練を行う訪問リハビリテーションです。
要介護認定で「非該当(自立)」と判定された場合でも、必要性が認められれば医療保険の扱いでサービスを受けることができます。

退院や施設からの退所が決まったら、訪問リハビリテーションが必要かどうかをかかりつけ病院の主治医に相談してみましょう。

おやろぐ
親ケアでんき